奈緒の芸能界入りキッカケは?生後7ヶ月で家族を襲った衝撃の生い立ち!?

エンタメ
画像:grapee.jp/産経新聞社

2019年のドラマ「あなたの番です」で一躍注目を浴びたブレーク寸前女優の奈緒さん!福岡市出身で、1995年2月10日生まれの25歳

「あなたの番です」では、ストーカーという猟奇的な役を見事に演じていましたが、前年のNHK連続ドラマ「半分、青い」では主人公を労るしっかり者の聡明な高校生役、そしてドラマ「竜の道」では「笑わない謎の女」など、どんな役もこなすカメレオン女優さん。

そんな奈緒さんが芸能界デビューするキッカケや生い立ちなど、生後7ヶ月で大変なことが起こったようです。女優として注目を浴びるまでの経緯や趣味など奈緒さんの素顔について調べてみました。

スポンサーリンク

生後7ヶ月のとき…何が起こった?

奈緒さん親子は母子家庭。彼女が生後7ヶ月のときにお父さんが他界しています。これがすべての始まりのようです。

なーんだそんなことか…なんて思うかも知れませんが大変なことです。生後7ヶ月で片親になったお母さんはきっとこれからどうやって子供を育てていけるかとても不安だったはず。

それに奈緒さんも父親の記憶や思い出がないまま育ったのですから、少なからず寂しい思いもしたなか、働くお母さんを見て育ってきた奈緒さんは「私も早く働きたい!」と思うようになったそうです。

「子供ながらに親のまねしたいみたいなのがあった」とインタビューで語っていましたが、苦労してきた母親を見て、早く独り立ちしなければと考えていたんだと思います。

もしかしたら高校進学はせず働くことを考えていたのかも知れません。もちろん母親はそれには反対だったそうで、福岡県立筑紫中央高等学に進学しています。

芸能界デビューのキッカケは福岡・天神

高校1年生のとき、福岡の繁華街・天神を歩いているとき地元の芸能事務所からスカウトされた奈緒さん。母親に相談したところ「義務教育も終わったし、習い事感覚でやってみれば」と高校には通うことを前提で芸能活動を許したそうです。

それも渋々なようでした。母親としては奈緒さんを美術大学への進学を勧めていたのです。というのも奈緒さんの幼い頃の夢は漫画家。小学校では漫画クラブ、中学は美術部の所属していたほど。

でも奈緒さんは、美大を卒業して「仕事にしたら嫌いになってしまう」「絵は趣味で好きなままでいたい」として進学はしませんでした。

いまでも家で時間があるときはずっと絵を描いているんです。インスタで「#奈緒のエニッキ」として水墨画やイラストを披露しています。それがこれ↓ 優しく美しい絵なんですね!

こちらはイラスト。奈緒さんなんかな?とてもカワイイ女の子!

高校ではアイドル的存在に!本名は?

高校1年生で地元の芸能事務所「カバーズガールエンターテイメント」に所属することになった奈緒さん。このころは下の名前で呼んでもらいたかったことから芸名を「奈緒」として活動していたようです。

テレビ西日本のローカル情報番組でミニコーナー「おすすめ通信 なおちゃんねる」を担当するなど高校生リポーターとしてモデルとして地元で活躍していました。

地元福岡で現役高校生モデルとして活躍する奈緒さん。校内ではアイドル的な存在で持て囃されていたそうです。そりゃモデルとしてスカウトされるぐらいの可愛さ。目立ちまくっていたのだと思います。

同級生のブログに当時の奈緒さんの誕生日を祝う記事を見つけました!そこに投稿された写真で当時の人気ぶりが伺えます。17歳ということは彼女が高校2年生のときですね♡ そして本名が判明。本名は高添奈緒さんというんですね。

画像:https://impression-life.com/nao/

ちょうど同じころのモデルとして奈緒さんの写真もありました。ここでは本名の高添奈緒と紹介されていますが、彼女自身としての芸名は「奈緒」が正式だったようです。

画像:プランニングK ホームページ

それにしてもモデルとしてお化粧するとグッと大人っぽくなっちゃうんですね!キレイです!

スポンサーリンク

18歳、女優へ転身したが・・・

奈緒さんは大学へは進学せず「芝居をやってみたい」と高校卒業後、演技について学ぶ地元のワークショップに参加。そこで女優としての才能を見抜いたワークショップ講師の勧めで女優に転身しています。

そもそも奈緒さん、高校2、3年生のとき授業で演劇を選択していたといいますから、このころから芝居に対する興味が湧いていたようです。

そして18歳の夏「めんたいぴりり」というテレビ西日本の開局記念ドラマに女優として初出演を果たします。このときはほんの脇役なので、キャストにもクレジットされていませんが、こんな感じの女子高生の役でした。

その後なんですが、女優としての仕事もさほど恵まれず、東京での活動を目指し芸能事務所を探すものの見つからず、仕方なく福岡の事務所の社員として契約して所属タレントのマネージャーのような仕事をしていた時期があったといいます。

やはり順風満帆なシンデレラストーリーなんて、なかなか無いんですね。それでも諦めきれない奈緒さんは一大決心することに。

20歳になり「お母さん、わたし・・・」母の反対を押し切る!

「東京で挑戦したい」との強い思いから、2015年、20歳のときに単身上京を決意します。上京してしばらくはモデルとしての仕事をしていたようですが、思うように女優への飛躍がつかめない日々が続いたようです。

上京してからしばらく、モデルのお仕事を減らして時間だけができてしまって。

引用:Deview https://deview.co.jp/

【高校教師・脚本家】野島伸司との出会いが転機に!

転機が訪れたのは、人気脚本家・野島伸司が総合監修を務めるアクターズスクール「ポーラスター」の出会い。

福岡への帰省の帰路で目にした雑誌対談で「ポーラスター」の記事を読み「本物の役者主義」という考えに共感。第一期生の募集があることを知り、初めて自分でオーディションに応募。

なんと特待生として入学が認められたといいます。女優としてのターニングポイントを手に入れたんです!2016年4月開設の同スクールにて1年間演技を学び芸名を「本田なお」と改名しました。

本名の高添ではなく、本田としたのはお気に入りの少女コミック「フルーツバスケット」のヒロイン・本田透の名字からだそうです。

アクターズスクール「ポーラスター」で演技を学ぶ傍ら、1年間にテレビドラマ6本に出演したり、野島伸司脚本のHulu配信のドラマ「雨が降ると君は優しい」では下着姿での体当たり演技が注目されました。

アクターズスクール「ポーラスター」との出会い対談はこちらから。

スポンサーリンク

芸名を「奈緒」に戻すと…ネクストブレーク女優に!

そして1年間のアクターズスクール「ポーラスター」を卒業後、奈緒さんは芸能事務所アービングに所属することに。

事務所からは芸名の「本田なお」について「字画が悪い」「売れない」と指摘され、再び芸名を「奈緒」へ戻したといいます。「生後まもなく亡くなった父につけてもらった名前でがんばりたい」という気持ちからだったといいます。

「奈緒」への改名を機に、次々と仕事が舞い込んだといいます。まずNHK連続ドラマ「半分、青い」では「ブレークの登竜門」といわれるヒロインの親友役というの役が舞い込んできました。

その後も「のの湯」「あなたの番です」「まだ結婚できない男」「竜の道」などの人気テレビドラマのオファーが次々と入ってきたといいます。そしていま誰もが認めるネクストブレーク女優に!

いまいちばん勢いに乗っている奈緒さんの素敵な姿がこれ↓ とても魅力を感じます!

奈緒さん、この勢いですと近いうちに主役間近かも!そして微笑ましいのは女優として認められ仕事が順調になった奈緒さんは福岡からお母さんを呼び寄せ、いまは一緒に暮らしているそうです。

女優として成功すると次は恋愛スキャンダルなんてこともあるのですが、お母さんと同居では当面なさそうですね。笑

まとめ

今回はネクストブレーク女優と言われる奈緒さんについて、芸能界デビューのキッカケや生い立ち。現在に至るまでの足跡について調べてみました。

  • 奈緒さんは福岡市出身の1995年2月10日生まれ。現在25歳
  • 生後7ヶ月のときに父親を亡くし、母親の働く姿をみて育った。
    このことが影響し「私も早く働きたい!」と思うように。
  • 高校1年生のとき福岡・天神で地元の芸能事務所からスカウトされる。芸名は「奈緒」
  • 現役高校生モデルとして、校内ではたちまち有名アイドルに!
  • 高校の授業では演劇を選択し、芝居に興味を持ち始める。
  • 高校卒業後は大学には進学せず、演劇のワークショップに参加し演劇を学ぶ。
  • ワークショップ講師の勧めでモデルから女優に転身、初めての出演はテレビ西日本の開局記念ドラマ「めんたいぷりり」
  • その後、女優としての仕事に恵まれず20歳で上京を決意。
  • 上京後も暫くは鳴かず飛ばずの生活が…転機が訪れたのは人気脚本家・野島伸司が監修するアクターズスクール「ポーラスター」との出会いが転機に!
  • 「ポーラスター」1期生としてオーディションに参加。見事、特待生に選ばれる。
  • 1年間の研修中にはドラマ6本の出演や、Hulu配信のドラマ「雨が降ると君は優しい」では下着姿での体当たり演技も注目される。この間は芸名を「本田なお」に改名していた。
  • 「ポーラスター」卒業後は芸能事務所「アービング」に所属。芸名「本田なお」の字画が悪いことを指摘され元の「奈緒」に戻すと次々と仕事が入るように。
  • NHK連続ドラマ「半分、青い」に始まり「のの湯」「あなたの番です」「まだ結婚できない男」「竜の道」 などの人気ドラマに出演するようになる。
  • 趣味は絵を書くこと。家で時間があるときはずっと絵を描いている。インスタで「#奈緒のエニッキ」として水墨画やイラストを披露。
  • 現在は、福岡から母親を呼び寄せ一緒に暮らしている。

カメレオン女優としていままで以上に演技の振り幅を広げていかれることと思います。これからの活躍が楽しみです!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました