松下洸平「いきものがかり」と共演してた!大阪弁で歌う動画も調査!

エンタメ
画像:https://headlines.yahoo.co.jp/

NHK連続ドラマ「スカーレット」で喜美子(戸田恵梨香)の旦那役の演じている松下洸平さん。絶妙なお笑いセンスもありとても心注目を浴びていますね。

とても連ドラで回を重ねるごとに演技力のある役者さんなんだなと感じてきたあたりから松下洸平ってどんな人?調べてみたら音楽グループ「いきものがかり」と共演したミュージックビデオがあったり随分前から俳優活動をしている役者さんなんです。

そればかりかデビューはなんと歌手!ペインティング・シンガーソングライターというジャンル?でデビューしています。どんなものなんでしょうか?スカーレットでは大阪弁なので歌も大阪弁なのでしょうか?デビュー当時の動画なんかも調査してみました。

スポンサーリンク

「いきものがかり」のMVで共演!

いきものがかりは活動休止2017年1月に活動休止していますが、活動休止前の最後にリリースした「ラストシーン」という楽曲のミュージックビデオに松下洸平さんが出演しています。

ビデオのストーリーは、大切な恋人と離れ離れになってしまうラブストーリー。「いきものがかり」のボーカル・吉岡聖恵さんが主役で、その恋人役として松下洸平さんがでています。

いきものがかり 『ラストシーン』Music Video

愛する人を失った主人公は、失意の日々を過ごす中、強く、前に一歩踏み出そうとする女性を演じているのですが、仲睦まじい松下洸平さんとのやり取りがとても新鮮です。

そんな松下洸平さんですが実は、芸能界は俳優でデビューした訳ではなく、なんとシンガーソングライターで2008年に21歳で「洸平」としてCDデビューしています。それもペインティング・シンガーソングライターという聞き慣れないジャンルでのデビューでした。

ペインティング・シンガーソングライターって?

ペインティング・シンガーソングライターというのは「絵を書きながら自作の曲を歌う」というものことですが、なにか芸風のような滑稽さがあり「何それ?」ですよね。

洸平(松下洸平) / 止まない雨 [MV] (Short Ver.)

これはCDデビュー前の2008年6月にネット配信されたプロモーションビデオ「止まない雨」という楽曲。実は松下洸平さんのお母さんは画家で、子供のころから母親の手ほどきで油絵を習っていたことから、絵で自作した曲を表現することが身近なものだったようですね。

美術系の高校へ進学したのだが…人生の岐路に!

画家である母の元、幼少時より油絵を始めている松下洸平さんは、高校は美術系の高校に入学しています。高校が美術系ということは進路は美術系の大学に進み、芸術家になるとかデザイナーなどの職業に就くつもりでいたのだと思います。

人生の最初のターニングポイントは、高校3年生の時たまたま観た映画「天使にラブソングを2」に感動し「歌手になる!」と決心したそうです。この米国映画は高校を舞台にゴスペル聖歌隊として高校生が育っていくという青春物語。えっ?ゴスペル歌手をめざそうとしたわけ?

先ほど紹介した松下洸平さんの動画で分かるように、ゴスペル歌手でデビューではなくポップスですね。それでもご自身の公式プロフィールにあるように、この映画で歌の魅力に取り憑かれたことは間違いないようです。

進学した高校はどこ?

高校は東京都の八王子にある都立・片倉高校。普通科・造形美術コースだろうといわれています。NHKの朝番組「あさいち」で高校時代の同級生であるイラストレーターの中元寺隆夢という方が紹介されました。

中元寺さんのフェイスブックの友達に片倉高校出身の友人が多い、そして片倉高校には造形美術コースがあることから、ほぼ間違いないようです。

美術系から音楽の道へ

「歌手になる!」ことを決意した松下洸平さんは、高校を卒業すると東京・文京区にある「尚美ミュージックカレッジ専門学校・ヴォーカル学科」に進学しシンガーソングライターの道を歩み始めます。

2年生の専門学校で「音楽を仕事にする学校」ということで 音楽事務所や大手レコード会社を招いてのオーディションも盛んで約100年の歴史のある学校です。

2007年に尚美ミュージックカレッジを卒業して翌年にはビクターレコードからCDデビューしています。「自分はインディーズ時代がなく、ありがたいことに学校を卒業してすぐにデビューした」と語っています。これって凄いことです!

卒業まもなく東京や関東近郊で「ペインティング・シンガーソングライター」としてライブ活動していたといいますが、大手レコード会社であるビクターレコードに見初められるほどインパクトがあったのでしょう。

スポンサーリンク

大阪弁で歌う曲はあった!?

残念ながら大阪弁で歌う曲はありませんでした。スカーレットで大阪弁を流暢に話されているので、てっきり関西出身と思っていたのですが、松下洸平さんは東京生まれの東京育ちでした。

こちらの動画は2008年11月のCDデビューの曲「STAND UP」「洸平」という名前でデビューしています。ニッポン放送『THE ラジオパーク 2008 in 日比谷」』イメージソングとして起用されていました。

11年前の21歳。初々しいというかお若いですね~。歌唱力ありますよね!

洸平(松下洸平) / STAND UP! [MV] (Short Ver.)

ただ残念なことに、ペインティング・シンガー「洸平」としての楽曲リリースは翌年の「おはよう おやすみ」というBSフジの「Beポンキッキ」の挿入歌が最後となっています。

ペインティング・シンガーとしてのジャンルに限界があったのでしょうか?事情はどうもそうではないようです。デビューから1年後の2009年にミュージカルのオーディションの話があり、ブロードウェイ・ミュージカルの「GLORY DAYS」の舞台に出演したことが切っ掛けです。

シンガーソングライターの道を諦めたわけではなく、芝居の魅力にとり憑かれ「どうしても芝居を続けたい」という思いが強くなり、音楽活動は一時休止し、所属事務所を移籍。芸名も本名の松下洸平に改め、俳優としての活動を開始しました。

2012年にはテレビドラマにも登場し、同年4月クールの連続ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」では初レギュラー出演しており、舞台、テレビともに俳優としての仕事はブランクなくコンスタントにこなしています。

歌ができて、ダンスも中学から初めて高校ではストリートダンス同好会を創設したりと歌って踊れる俳優ですから、いろいろな役が舞い込んできたことでしょう。

音楽活動もYouTubeで再開!

音楽活動も2016年に再開していますが歌を売るという商業ベースなものではなく、自分で編集したミュージックビデオや不定期ライブの模様を自らのYouTubeチャンネル「KS STUDIO」を一般公開で配信しています

これは2018年のスタジオセッションの模様を収録した「握手」という楽曲です。CDデビューしたときから10年後、31歳の松下洸平さんです。シンガーソングライターは松下洸平のライフワークなんですね。

松下洸平 -握手-

透き通るような歌声がなんとも耳に優しくいい感じです。好きなことを仕事ではなく続けるのって一番いいですよね。これが仕事として曲を作るとなれば、好きな曲ではなく売れる歌を作ることに必死になり苦しくもあるでしょう。

俳優として注目を浴びるようになった松下洸平さんにとって、このスタイルでの音楽表現が一番だと思います。レコード会社の要求に応える必要もなく、自分の感じたことを素直に楽曲で表現できるのですから♫

戸田恵梨香の母と舞台で共演!転機が来た!

俳優として松下洸平さんが注目を浴びるようなったのはごく最近。2018年の舞台「母と暮せば」が文化庁芸術祭・演劇部門で新人賞を受賞したとき。

翌年にも「母と暮せば」とミュージカル「スリル・ミー」で第26回・読売演劇大賞で杉村春子賞と優秀男優賞を受賞し演劇界で注目を浴びるようになりました。

「母と暮らせば」は以前、嵐の二宮和也さんと吉永小百合さん主演で映画化され話題になりましたが、舞台の主役は松下洸平さんとその母親役が富田靖子さんだったのです。

そう、富田靖子さんはNHK連ドラ「スカーレット」で戸田恵梨香(喜美子)の母親を演じていますよね。な~るほど!スカーレットの前に舞台で共演していたのですね。

そしてこの舞台で俳優・松下洸平が演劇界で評価されるようになったのですから富田靖子さんは松下洸平さんの俳優人生で特別な存在なんだと思います。

「母と暮せば」のセットの裏に自分と富田靖子さんを落書きしてます。アニメチックな絵が得意なんですね。

スポンサーリンク

まとめ

スカーレットでは舞台で積んできた繊細な演技力を余すことなく発揮する松下洸平さん、デビューは歌手だったとは意外でした。

  • いきものがかり「ラストシーン」のミュージックビデオに出演していた。
  • 高校は美術系の学校に通うが、高校3年のとき 映画「天使にラブソングを2」に感動し「歌手になる!」と決心
  • 高校卒業した後は「尚美ミュージックカレッジ専門学校・ヴォーカル学科」に通う。
  • 尚美ミュージックカレッジを卒業すると「ペインティング・シンガーソングライター」としてライブ活動をはじめる。インディーズの経験なしで一年後の2008年11月に「洸平」としてメジャーCDデビュー
  • デビューしてから一年後の2009年にミュージカルのオーディションの話があり、ブロードウェイ・ミュージカル「GLORY DAYS」はじめての舞台に。芝居の魅力に取り憑かれる。
  • 事務所を移籍し音楽活動を一時休止。松下洸平として役者の舞台・ミュージカルを中心に活動。2012年からはドラマの仕事もコンススタントに入るようになる。
  • 音楽活動も2016年に自らのYouTubeチャンネル「KS STUDIO」で楽曲を一般公開し配信している。
  • 2018年の舞台「母と暮らす」で富田靖子と共演。平成30年文化庁芸術祭・演劇部門で新人賞を受賞。第26回・読売演劇大賞で杉村春子賞と優秀男優賞を受賞で注目を浴びるように。

これからもっと大きな舞台やドラマにと活動の場を広がせていく予感の俳優さん。楽しみです!最後までご覧いただき有難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました