ディーンフジオカ:家を西ジャカにした理由は嫁と無関係?鎌ヶ谷実家には中国出身の父親が!?

エンタメ
画像:https://www.enjoytokyo.jp/

2015年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で明治時代の実業家「五代友厚」役を演じ「五大さまブーム」を巻き起こしたディーンフジオカさん。

突然のイケメンの登場に、多くの視聴者は「この俳優、誰?」「ディーンって名前だからハーフなの?」の声が…それもそもはずディーンフジオカさんは長く香港・台湾と海外で活躍していた俳優で、日本で活動をはじめたのは「あさが来た」の僅か2年前です。

ディーンフジオカさんのプロフィールやプライベートが知れ渡るにはさほど時間は掛りませんでした。日本デビュー時にはインドネシアの女性と結婚していて、すでに2児のパパだったことはファンにとってショッキングなニュースだったと思います。

ディーンフジオカさんは家族をインドネシアの西ジャカルタに残し日本で活動しているといいますが、インドネシア人の奥様にとって日本の生活は馴染めないから?探ってみると最大の理由はそれではないようでした。

またディーンフジオカさんは中国語が堪能なので中国人ハーフ?という噂もあることから、今もある鎌ヶ谷の実家には中国人のお父さんかお母さんが暮らしているのでしょうか。

スポンサーリンク

ディーンフジオカが家族を西ジャカルタに移した理由?嫁が原因ではなかった!

ディーンフジオカさんの奥様はヴァニーナさんというオーストラリア教育を受けた中国系インドネシア人です。そのヴァニーナさんですが「ジャカルタの虎」という怖そうなニックネームの持っているんです。中国文化で「虎」は「龍」と並ぶ権力・強さの象徴ですが、中国系マフィアを父に持つとか?(;^ω^)

いえいえヴァニーナさんが「虎」と呼ばれるのは「お金持ち」からきているようです。お父様は貿易会社や製薬メーカーの会長であり個人資産600億以上の華僑系実業家といわれています。ヴァニーナさんのご実家はジャカルタ屈指の大富豪であることは間違いないですね!

ディーンフジオカと嫁ヴァニーナとの馴れ初め

ディーンフジオカさんとヴァニーナさんは、台湾の夕食会で共通の友人を通じて知り合ったと言われています。2008年ディーンさん27歳のこと。俳優として台湾のテレビドラマに多数出演し、ディーンフジオカの名が台湾でよく知られる存在になったときです。

ヴァニーナさんは初対面のディーンさんの印象を「自分が知っていた”日本人”とは全く違って“ファイヤーボール”みたいな人」と話しています。そのときディーンさんの服装は「真っ赤なジャケットに、夜なのにサングラス姿^^」だったからなんですが、なぜファイヤーボール?…本当の意味はディーンさんが秘める内たる魅力にあったようです。

ヴァニーナさんはこれから活躍する音楽活動や日本での芸能活動に挑戦するディーンさんに”熱いオーラや情熱”を感したのではないでしょうか。そして”真っ赤なジャケット”を重ね合わせて「ファイヤーボールみたいな人」と表現したのだと思います。

約4年半の交際を経てふたりは2012年に結婚をします。このときディーンさん31歳。その2年後には男女の双子を授かりました。下のインスタグラムは双子の赤ちゃんが生まれた2014年12月に投稿された家族写真です。

ディーンさんが奥様に初めて会ったときの印象を「言葉数は少ないけど発言がストレートで要点を突いてて、エキセントリックな人」と語っていました。ディーンさんをファイヤーボールと表現するあたりエキセントリック感があるかもしれませんね(笑)。奥様はジャカルタの虎。きっと「虎」のごとく賢く力強くお子さんを育てていると思います!

台湾から家を西ジャカルタに移住した理由?

インドネシアのディーンフジオカさんの家に関して、ネットで”西ジャカルタ”と出てきたりするのですが、住所が「西ジャカルタ市」だからのようです。

ディーンフジオカさんが結婚した2012年は日本で芸能活動をスタートさせたばかりでとても忙しい時期だったと思います。そして新居はいつも一緒にいられる日本なのと思いきや台湾のままで、双子の赤ちゃんを出産を機に家族の住む家をジャカルタに移したようです。

インドネシア人の奥様にとって日本で生活することはなにかの理由で相当な抵抗があったのかも知れません。分からないでもありません。観光でちょくちょく遊びにくるならいいけど、住み慣れた母国で子供を育てたいと思う人も多いですから。心優しいディーンさんはヴァニーナさんの気持ちを優先に考えたことでしょう。が、理由はそれだけではなかったようです。

ジャカルタに家を移したのはディーンフジオカの希望だった!?

ディーンさんは日本の高校を卒業後、アメリカ・シアトルの大学へ進学しています。実はその最大の理由が「花粉症」から逃れるためだったんです。それもかなり重度の花粉症のようです。

あるラジオのインタビューで音楽活動をジャカルタでしていることに対して「アジアでは日本以外は花粉症はほぼ大丈夫なんです」と言っており、日本でしかできない活動以外はすべて海外で行っています。

ディーンさんが奥様に「これから日本での活動が多くなるから日本で一緒に住もう!」と言えば奥様はついてきたと思います。ですが花粉症が原因でディーンさん自身が海外で住みたいっていうことが最大の理由であれば、幼い子供たちを抱えている奥さんにとっても実家のあるジャカルタが一番のはず。お二人の利害が一致したのでしょう!

スポンサーリンク

ディーンフジオカはアメリカの大学を卒業した?なぜ香港で俳優デビュー!?

ディーンフジオカさんはアメリカの大学を4年で卒業しているようです。専攻はIT関連でそのままアメリカで就職を考えていたのですが、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ直後だったため就労ビザの取得が難しかったようです。

学生時代には多くのアジア系友人の影響もあったことから、2003年にアジア放浪の旅にでます。これがディーンフジオカの人生最大のターニングポイント。旅の途中の香港で音楽好きだったディーンさんがDJをしていたとき、ファッション雑誌編集者からモデルにスカウトされたことが業界デビューの切っ掛けでした。

モデルでデビュー、そして映画の主演に抜擢!

最初は生活費を稼ぐためモデルの仕事をはじめましたが、徐々にテレビドラマなどにも出演するようになり一年後の2005年に香港映画「八月の物語」の主演に抜擢。いきなりの映画デビュー!「八月の物語」は各国の映画祭に出品されディーンさんは俳優として注目を浴びるようになりました。

台湾でもこの映画が話題となり、台湾の人気ドラマに立て続けに出演。台湾だけではなく中国や東南アジアでディーンフジオカが大ブレイク!まさにシンデレラボーイ。ちょうどこのときディーンフジオカさんは奥様のヴァニーナさんと運命的な出会いをしています。

ディーンという名前の由来は?

ディーンという名前はアメリカ留学時代のホームステイ先の父親から「Dean」と呼ばれたことが由来。ディーンフジオカと名乗るようになったのは香港ではイングリッシュネームがないと仕事にならないところからアメリカ留学時代のニックネームを芸名にしたそうです。

鎌ヶ谷の実家には中国出身の父親が住んでる?

ディーンフジオカさんは1980年8月19日に福島県須賀川市に生まれ、現在39歳です。物心ついたころに千葉県鎌ヶ谷しに転居し今もご両親が在住。本名は藤岡竜雄(ふじおか たつお)といい兄弟はディーンさんの下に長女、次男、次女と四人兄弟です。

すぐ下の妹は藤岡麻美といい元アイドルユニット「チェッキ娘」のメンバー。2013年にディーンフジオカさんと入れ違うように台湾に移住しアクション系女優として活躍しているそうです。

鎌ヶ谷の実家のお父さんは中国人?お母さんも?

お父さんは中国で生まれた方ですが日本人です。ディーンフジオカさんの俳優デビューが香港・台湾であることと、広東語と標準中国語が堪能なことから「お父さんは中国人」と囁かれましたが憶測の範囲内です。

お父さんはIT関連の仕事をしてきた方で海外出張が多いエリート社員だったようです。まだインターネットが一般家庭で普及していないころから自宅ではモデムを接続したネットワーク回線があったといいます。

ディーンさんが大学の進路にIT関連を選択したのはお父さんの影響を少なからず受けたからのようですね。またディーンさんがマルチリンガルなのも英語と中国語を小さいときからお父さんから教わっていたからだそうです。

お母さんも日本人の方です。自宅でピアノ教室を開いていた音楽家で、自宅にはドラムセット、エレクトーン、サクソフォンなど様々な楽器があったそうです。このような環境で育ったディーンさんはギター、ドラム、シンセサイザー、トランペットなど多くの楽器も得意とし、中学高校時代はバンドを組んでいて将来はミュージシャンを目指していたといいます。

音楽活動についてもお母さんがつくられた音楽の環境があってのことだと思います。ディーンフジオカさんの原点はご実家にあるといってもいいようですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はディーンフジオカさんについて家族の住む家がなぜ日本ではなくインドネシアなのか。そして家に関して西ジャカルタとネットででてくる理由やインドネシア人の奥様との馴れ初め。また香港で俳優デビューするまでの軌跡や、鎌ケ谷の実家に住むご両親のことについて調べてみました。

  • ディーンフジオカさんの奥様はインドネシア女性のヴァニーナさん
    ✓ ヴァニーナさんは「ジャカルタの虎」と異名を持つ大富豪のようだ
  • 家族の住む拠点を日本ではなくジャカルタに引っ越したのは
    ✓ 奥様がインドネシア人というだけでなく、ディーン自身が花粉症から逃れるため
    ✓ 住まいは西ジャカルタ市にあるようだ
  • ディーンフジオカさんがアメリカの大学を卒業してなぜ香港で俳優デビュー?
    ✓ 大学卒業が2001年の同時多発テロの直後で就労ビザの取得が難しかった
    ✓ アジアからの学生仲間の影響を受け、アジア放浪の旅をすることに
    ✓ 旅の途中、香港でDJをしていたときにモデルとしてスカウトされたのが俳優デビューの切っ掛け
  • ディーンフジオカさんの実家は鎌ヶ谷にあり今もご両親が住んでいる
    ✓ お父さんは中国生まれの日本人でIT関連の会社員だった。ディーンさんが小さいころから中国語や英語を教えた
    ✓ お母さんも日本人。自宅でピアノ教室を開いていて家には数々の楽器があった

俳優、ミュージシャンだけでなく映画監督やインフルエンサーとしても多才な顔を持つディーンフジオカさん。日本とジャカルタを往復する多忙な毎日のなか、家庭を愛する良きパパをバランス良く両立させているようですね。今後の活躍を期待しています!

最後までご覧いただき有り難うございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました